私たちは”Q1スタンダード+ECO”の家を標準仕様とし、高い断熱効果と省エネ性能、そして低燃費な家づくりをしています。
いつまでも新築当時の機能を維持できるよう、とことん高い住宅性能を追及しています。

大共ホームの断熱工法は、「外断熱工法(外張り断熱工法)」をメインとした二重断熱工法です。
日本の住宅はこれまで、壁の間にグラスウールなどの断熱材を充填する「内断熱工法(充てん断熱工法)」が一般的でした。
しかし、柱の部分に断熱材を入れることができないことや、隙間の発生、壁内部の空気の流通阻害などが生じる恐れがありました。
防湿対策をきちんと講じていないと壁内結露による躯体の老化は避けられません。
対して「外断熱工法」は、柱や壁を含む家全体を外からすっぽりと断熱材で覆う工法。
断熱材の外に駆体が露出せず、温度差による結露が生じにくいのが特徴です。
断熱ムラが生じないため躯体が傷まず、住まいが長持ちします
外張り断熱材には、トップ性能のフェノールフォームを採用しています。
加えて、壁体内に高性能グラスウールを丁寧な責任施工することにより次世代省エネ基準の2倍の性能をクリア
窓やドアといった熱の逃げやすい開口部に気密性の高い部材を使用して、高い気密性と遮音性を確保します。

住宅内の空気は、たばこの煙りやキッチンからの匂いなど、生活で発生する多くの要因で汚れるため、いつでもクリーンな住環境を保つためには、計画的な換気が必要になります。
大共ホームでは最小限の熱損失で24時間換気するシステムを導入しました。冬は室内の汚れた空気を外へ排出すると同時に新鮮な外気を熱交換ユニットで温めて室内へ。夏は外気を冷やして室内へ導きます。この計画換気によって 内外の温度差が緩和され、急激な温度差が原因の結露や、アレルギーの原因となるホコリ、カビなどの発生も抑えられます。