HOME > 大共ホームの家づくり > 健康・自然素材

私たちは住宅に使われる建材や家具もこだわり、自社独自の分析調査をしています。
20年、30年と末永く住む家だからこそ、ご家族の健康にはとことんこだわりたいのです。
そのため、無垢フロアや漆喰壁といった住む人に優しい素材も使用しています。

無垢フロアは人が触っても体温が奪われることがない優しい素材です。
赤ちゃんがハイハイをしたり、冬でも子どもが裸足で歩いたりすることができます。
年数が経つほど馴染み、素材の良さを失わない広葉樹を使用しています。
また、傷にも強いため、椅子や机を引きずっても傷がつきにくい素材です。

漆喰壁の特徴は高い調温効果と消臭効果です。調温効果で室内に湿気がこもらないため、
加湿や結露を防止することができます。
また、ペットや食べ物、たばこ等の匂いを消臭してくれる効果もあるため、
急にお客様が来ても安心です。加えて静電気の発生を防ぐという効果もあります。

新築住宅を建てる時に起こるシックハウス症候群を起こさないために、
建材はF☆☆☆☆の商品にこだわっています。
また、とことんお客様の健康にこだわりたいという思いから、自社独自の分析調査により
本当に健康な住宅とは何かを追及しています。

市販の家具やお持ち込みの家具の中に有害な物質が含まれていることがあります。
そのため、健康で安心な住生活を営んでいただき、またお客様のオンリーワンの家づくりを形にするため、 オリジナルのオーダー家具をご提案しています。

メーカーさんのそのままを間に受けるのではなく、建材や家具が本当に安全か自社で
確かめる必要があるという思いから自社独自で精密分析しました。
すると一般的には”安全”といわれているものでも実は本当の意味で”安全”ではない
ということがわかりました。私たちは、本物の素材を追及し、お客様の”健康”を
徹底的に考えたご提案をしています。

一般にはシックハウス法に基づいて建築されていますが、アレルギー体質や敏感な方には不十分です。私たち大共ホームは、これまで蓄積した多くの室内空気の精密測定データと、各建築素材の分析結果から、お住まいになるご家族に合った素材の提案をおこなっています。現在の法規制レベルを最低限とし当社独自の設定で、各素材レベルや機能に配慮し組み合わせを考え、最良の空気質を実現します。特に木の無垢材といえども多量に採用することは避けなければなりません。
木材の分析データからそれぞれの特性を知り、材種や使用量にも配慮しています。