日常に「小さな幸せ」と「小さな達成感」を味わう暮らし。

今年も大好きなこの季節になりました。

朝の環境整備の時間

自然を愛でるスタッフ。

花や緑が心にも

潤いを与えてくれていることを実感します。

世界的な非常事態の今

自分自身の暮らしはほんの少しの制約で

ほぼいつも通り。

ありがといことです。

それでもふと、自分の中の不安を

感じることもあり

心の置き場所に

意識を向けようと思う最近。

今はより日常が愛おしくも感じます。

今日は自分の好きな風景を

集めてみたのでお付き合い下さい^^

2011年に訪れた

ドイツのベルリンの郊外にある集合住宅です。

建築家ブルーノ・タウトが

第一次世界大戦後の劣悪な環境下の労働者の為に

設計した建物で世界遺産となっていて

どの住宅にもお庭があります。

住む人を思うタウトの想いが

設計に表れています。

これぐらいのスペースが自分的に

とてもしっくりきます。

100年経つこの佇まい

まさに経年美。

そして色彩のもつ力。

見学した当時より

今、さらに心が惹かれます。

こちらはプロヴァンスの

結構な田舎にあるお住まい。

以前もご紹介したことがありますが

個人的にこのバックヤードの美しさに釘付け。

敷地の広さ!

と言ってしまえばそれまでですが

アメリカやカナダでもそうでした。

こんな暮らしがあるのかと

このバックヤードに衝撃を受けたのです。

(↑そこっ 笑)

お昼寝するなら

この季節が最高ですね。

虫が少ないですから。

軒先からさらにオーニングをのばして

読書でも。お茶でも。

自分なら東側の

ダイニング続きにしたいかな

午後には

ここちよい木陰になりますし♪

ここはパリの住宅展示場です。

私は見ました。

実はこの時

キッチンでスタッフの皆さんが

ランチのお肉を焼こうとしてしました 笑

すでに外にはテーブルセッティング。

フォークとナイフに

カップにソースまで!

素敵な職場ですね。

(うちの会社の裏にもスペースはありますね。)

私たちは招かれざる客だったのかもw

肉を焼く前だったのが幸いでしょうか^^;

そして、欧米の住宅でよくみる

ベースメント。

これも自分的に

結構なわくわくポイントです。

こちらはシアトルの展示場

フルオープンなサッシを開放し

中庭との一体感。

ここまでくると

ちょっとゴージャス過ぎて

自分がここにいるイメージが

ちっとも湧きませんが 笑

こちらはフランスの雑貨屋さんの一角

確か「世界で一番美しい街」

といわれるところ。

この趣

たまらなく好きです。

そして自分が将来リタイアして

毎日家でのんびり過ごすなら

こんな風に暮らしたい。

そう思ったベルリンのお住まい。

この風景がいつも自分の中にあります。

あれれ いきなりの荒地?

自分ちでした 笑

今日は母の日。

GWに早めのプレゼントを娘から。

はい ビールでした。

間違いないやつ 笑

毎日家でのんびりと過ごしたGW

BBQも2回しました。

普段はなかなか家族の休みが合わないので

いいお休みになりました。

〆はこのマシュマロサンド♪

お肉の匂いに誘われて

ずっと落ち着かないワンコ。

終わるとぐったりで爆睡。

枝の剪定など慣れない事をして

つぼみを切り落としてしまいました。

でも翌日にはちゃんと花を咲かせてくれました。

こんなささやかなことに

幸せを感じたGWでした。

コメントを残す