ホッピーを美味しく飲むための動画

行きつけの焼き鳥屋さんで、私がホッピーを注いでいると
脇から視線を感じることも多い。

私が二杯目を飲み終わる頃になると、

俺にもホッピー頂戴!

そんな声があがる。

どうやら美味しく見えるようで(笑

過去に何度か画像では紹介したことはあるのですが、
そこで今日はよりリアルに動画で紹介しようかと^^

この泡立ちがおいしさを増すポイント。
私的には、注いでからのジョッキ一杯の賞味時間は15分が限度かなと。
出だしからゆっくり飲みたい方にはどうなんだろう?

あとは好き好きなんだけど、先ずは最初の印象が大事なのでね^^
自宅でも楽しめますしね、発泡酒よりは美味しいと思うのですが(笑

ホッピーを置いてくれている居酒屋さんなど、チェーン店をはじめ多くなりましたよね。
ですが、本流スタイルで飲めるところはなかなかないのが現状です。

学生時代、銭湯に行ったついでにコインランドリーで洗濯、
その間の時間つぶしに入るお隣の焼き鳥屋に魅せられた青年が私。

そこではホッピー2杯に焼き鳥タン5本で千とび50円が私の定番。

ホッピーは定年退職を機にお店を開店したというマスターが、
いつも直にホッピージョッキに仕上げて出してくれる。

これがうまい!!

のど越し爽快だった。

それが岩手に戻ると、ホッピー置いている店がない!?
当時はネット検索なんてなかったから、飲み屋で人伝を辿りリサーチしまくった(笑
そして見つたのが3軒のお店。

ところがうち2軒は、ジョッキに氷が入ってくるではないですか。
こんな美味しくないホッピーなんて誰が飲むの?ってな感じだ。
そして残る1軒が保守本流のホッピージョッキで飲ませてくれる焼き鳥屋だった。

やっと見つけたー!!

それも数年経ち閉店。

ならばと、

行き付けのお店が出来るとホッピーを置いてくれるようにねだってみるようになる。

そして現在行きつけの焼き鳥屋でのこと。
当時はいつも混んでいてたま~に立ち寄るだけのお店だったので、
ホッピーの話など出すこともなかったのだが・・・

久方ぶりに立ち寄ってみると、目の前の壁に何やら毛筆で

”ほっぴー” 200.-

と書かれた真新しいお品書き札がさり気なく貼ってある。

ほっぴー? ほっぴー? ほっぴー? ひらがな・・ 200円?

・・・・・・・・・

もしかして、ホッピー?のこと?

マスターに聞くと、

おらぁ、よくわがんね、ただ酒屋に言われておいでみだだけだ。

こいつだ

と言ってビンを見せてくれたのは、まさしくホッピー!!!

だったら、ホッピーお願い♪

そして出てきたのは・・・ ビンのままのホッピーと氷の入ったグラス。

これは・・・

オレのホッピーじゃない。。。

グラスも冷えてない、、、

ホッピーも冷えされていず常温、、、

なおさら、氷なんか入れたら風味は落ちる。。。

そこで、もしかしたらここがチャンスどころかもしれないとばかりに、
一見さんのような私がモノ申してみた。

ホッピー置いてくれたのはすごくうれしい。
このホッピーってやつは、美味しく飲むためにはさ、

冷えた中ジョッキ、ホッピーも冷えてないとダメなのよ。

もしさ、そうしてくれたら毎日だって来ちゃうかも。

と訴えてはみたものの、ピンとはきてはいないようで反応得られず。

そして数日後、念のため立ち寄ってみると、

なんと、

ホッピーが冷えてるではないですか。

マスター、ありがとおおお!!!

てなことで親方御用達のお店になったというわけ(笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です