会社メッセージ

会社メッセージ

わたしたちは、これまで家が担ってきた役割を大切に受け止め学びます。
そして将来に向けての家の在り方を、住まいの在り方を常に想像しています。

家は人が住んで住まいになるといいます。
あなたのためのあなただけの住まいを実現するために
私たちにできることはなんだろうと、いつも問い続けています。

そして、あなたが家を建てる瞬間、いつでも最新の情報と知識、最高の技術で
あなたとあなたの家族の笑顔と健康を守り続ける住まいを実現すること。

ここがわたしたち大共ホームがずっといたい場所です。

大共ホームの歩み

1988年
12月
株式会社 大共ホーム 設立。
1991年
3月
ツーバイフォーパネル工場設置。
7月
米国シアトルに現地法人設立 建築資材の直輸入開始。
1992年
Low-Eトリプルガラス採用 C値=0.2を達成。
米国人デザイナー アンドリュークレマー採用。(2年間)
各工程の技術移転のため技術者を多数招く。
1993年
気密測定器購入により、気密測定開始。
12月
全棟、社員による一日フレーミング施工開始。
1994年
日本型2×4から北米型2×4に全面移行。
6月
新社屋完成 移転(現在本社所在地)
1996年
基礎断熱工法を採用。
6月
水落とし不要住宅として盛岡市で最初に認可される。
1998年
新省エネ設備として地中熱利用冷暖房システムの米国調査開始。
1999年
ツーバイフォーパネル工場を玉山村(現玉山区)に移転。
3月
ジオサーマルシステム採用住宅 日本第1号 花巻に完成。
2000年
12月
ISO9001取得。
2001年
1月
外断熱工法に全面移行。
7月
NPOシックハウス対策研究会参画。
2002年
3月
室内空気マイナスイオン化システム開発。
2003年
4月
室内空気質 精密分析(70物質以上)調査開始。
5月
「NHKおはよう日本」「おばんですいわて」他、当社のジオサーマルシステムが紹介される。
12月
岩手日報に当社のジオサーマルシステムが紹介される。
2004年
3月
第1回いわて新省エネ大賞 準大賞受賞。(大賞該当なし)
4月
地下室のある常設展示場完成。
5月
めんこいTV mitスーパーニュースで受賞住宅が紹介される。
2005年
3月
第2回いわて新省エネ住宅賞 大賞受賞。
6月
当社使用建材(100素材)精密分析を開始。
2006年
1月
超高断熱住宅「Q=1シリーズ」の発表。
10月
無暖房住宅実証棟完成。
2009年
3月
国土交通省 住宅・建築物省CO2モデル推進事業に採択される。
2010年
7月
サステナブル住宅賞 日本ツーバイフォー協会長賞受賞。
2014年
3月
ハウスオブザイヤー・イン・エナジー 特別優秀賞受賞。

会社概要

会社概要
名称
株式会社大共ホーム
所在地
岩手県滝沢市鵜飼下高柳11-1
TEL
019-687-1541(代表)
FAX
019-687-1635
代表者
代表取締役 橋本 秀久

アクセスマップ