滝沢市の現場監督が東京建築物の見学ぶらり旅Ⅱ

1月13日に投稿した、東京建築物の見学ぶらり旅の続編です。

東京駅の夜景です。

近隣の高層ビルとの光の競演が幻想的でかなり綺麗でした。

11月の18時頃でしたが十分に夜景を楽しむことができました。

建築家の田根剛氏の展示会がTOTOギラリーで開催されていましたので、見学してきました。

上記の写真は、田根氏が世界から注目されるきっかけになった、エストニア国立博物館の

模型です。

上記の写真は、東京オリンピックの会場となる新国立競技場のコンペ作品

の模型です。

やり直しが行われる前のコンペの作品で古墳スタジアムの模型で、

1等にはならなかったみたいです。

その他たくさんの模型と写真が展示してあり、今後、世界的に

活躍される建築家です。

東京ミッドタウンの入口でここの中にサントリー美術館が入っていて、

京都.醍醐寺展が開催させていたので、見学してきました。

普段、みることができない仏像等が展示されていて、

大変混雑していました、。

田舎者の私には、大変疲れる所でした。

2018年5月につづいて、2回目の東京カテドラル教会です。

今回は、16時30分と閉館まで30分しかない時間帯でした。

内部の入ると、だれもいなく私一人で静寂な空間を一人じめしました。

残念なのは、前回は、パイプオルガンの音色がありましたが、

今回はなく、残念でした。

帰り際にショップにより、店員さんといろいろとお話しすることが出来て

よかったです。前回も今回も、ほとんど人がいなく、東京見学の穴場です。

今年も、行こうと思っています。



コメントを残す