盛岡市の現場で鉄骨の階段を取り付けしました。

盛岡市の現場で鉄骨の階段の取り付けを

行いました。

上記の写真は、ササラ桁部分の取り付け中です、

鉄骨をだんだんにカットするのは、非常に難しくレーザーかプラズマでカットしないと

精度が高くカットできないそうでちす。

この部分が値段的に非常に高くなる所です。

今回は、レーザーで加工しました。

鉄骨屋3人と大工さんと、私と4人で現場で位置だしをし

少しの調整をしながら取り付けしていきます。

鉄骨は、木と違い、少しでも削る事が出来ないので、

大変です。

吹き抜け部分の手すりの取り付け中です、

フラットバーを使用したので、スッキリしたスタイルとなっています。

木製の段板を取り付けしてその上に手すりの取り付けです。

階段の手すりのスタイルは、吹き抜け部分と違う形としました。

手すりと手すりの取り付けは溶接して取り付けます。

火花が廻に飛ばないように養生とカバーをしながら

注意しながら作業をします。

廻りの処理を残しほぼ完成です。

朝8時より作業をして15時ころに作業が終わりました。

最後に塗装をすればすべて完成となります。

今月には建物が完成となります。その後

見学ができると思いますので、

現地でご確認ください。

階段部分がかなり透けているので、ちょっと怖いかも

しれませんが、すごくカッコイイ階段になっている思います。

 

 

 



コメントを残す