大寒の岩手で住宅フレーミング

今日は冬で最も厳しい寒さと言われる大寒だとか。

そんな寒さの中、岩手県盛岡市内の現場にてツーバーフォー住宅の一日フレーミング作業が進行中でした。本来なら昨日の予定でしたが、一昨日からの大雪で東北道が通行止めだったため、予定を延期、本日の作業となった次第です^^;

昨日なら現場に行けなかったけど、今日は定休日。
今日なら行けるべ!ってことで午後2時過ぎ、現場へと車を走らせました。

まさか、終わってるなんてことないべね。
などと心配しながら、、現場の手前から住宅地越しにクレーンが見えて一安堵。
こういう時って、遠くからクレーンが目印になるので助かるのですが・・・
クレーンだけを見印にしてしまうと・・・
他メーカーさんの現場?なんてこともあり注意が必要です(笑

大寒の岩手で住宅フレーミング (1)
現場では野地板を張る作業に入ったばかりの様子。
この時点の外気温は、-1℃。
朝の作業開始時刻なら、-4℃だったはず。

大寒の岩手で住宅フレーミング (2)
時折雪がちらついてくるので、空を見渡して見ると、

大寒の岩手で住宅フレーミング (3)
西の空には、濃い雪雲が迫ってきています。

もうぺっこ、このまま天気が堪えてくれたら・・もうすぐ終了だべに・・

私が現場に居られたのは午後3時まで。
3時半終了との報告に、これまた一安堵。

寒い中、今日も一日お疲れさまでした!

定休日の今日の事務所では・・・

スタッフらが居ぬ間にっていうことで、応接室と授乳室を漆喰に塗り替えを終了。
事務所は28年前の新築時にアメリカの住宅ではポピュラーな壁仕上げだったドライウォール工法を試験したままこれまでずっと手をかけずじまいでしたからね。

アメリカ住宅の仕上げから、カラダにもっといいヨーロッパ住宅の仕上げへ上塗りってことになるかな。

ドライウォール仕上げを漆喰に塗り替え
塗りたてなので、こんな感じに見えていても、これが乾くとかなり薄めの色合いになるはずです。

あとは乾いた後の風合いがどうかってことでしょうか^^;

今後のお天気予報では、岩手は今日を境い目に真冬日は当分なさそうだけど、最低気温を見ればしばらくはなかなか厳しそうですね。

でもまあ、冬の峠を越した!

それだけでも気分は軽くなるというものです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です