希少な視界

戻りました(汗
台風の影響で、数日延期?強行?とすったもんだの末、
結果、何ごともなかったかのように予定どおりでした。

そこで、今日はちょっとまだ疲れも残っているのでここ数日の視界を。

住宅街1

120年の街並みでは、なかなか住宅の全体像を見れることはありません。。

住宅街2

隙間っこから、何とか撮るのがやっと^^;

住宅はこんなところにして、訪問先で出迎えてくれた珍犬を。

希少なワンコ1

今日も村のアナウンスで、熊が出没したと伝えてたけど、
その熊くらいの大きなワンコ。
おもいっきり私に敵意むき出しの歓迎?にびびった・・;

希少なワンコ2

このワンコも・・・ とても友好的とは言い難い・・

子犬として貰ったものがこんなに大きくなったらしいけど、
このワンコたち、私は知らなかったけどとても高価なそうな。

なんと、最低でも二匹で1000万円は下らない!?だそうですよ・・

なぜ、ワンコにそんなお値段が・・
と思うも、その金額を重ねてじーっと眺めてると、
なぜか高貴さを感じてくるから不思議です(笑

高級なワンコなれど、よく考えたらちょっとかわいそうになった。
きっとこのワンコたちは散歩なんぞはさせてはもらえてない。
檻の中の希少種犬、動物園みたいなもの。

彼らについた金銭的価値なんて、本人には何の興味もないだろうに。
我が家のは座敷ワンコ。
だけど、動きの自由があるだけ幸せかもな。

自分がもし檻の中に入れられたら・・・

きっとそう長くは棲息できない。

もし、私を檻に入れる希少な者と言えば・・・

んん・・・

これ以上余計なことは考えないようにしとこ。。

北欧のような希少価値のある家を建てる岩手の注文住宅なら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です