子ども部屋をビニールクロスから漆喰に塗り替え中!

私はと言えば、ほぼ毎日せっせと住宅展示場でデータ取り作業なのですが、
今日の当社の住宅展示場では、子ども部屋をビニールクロスから漆喰へと塗り替え作業が進行中でした。

子ども部屋を漆喰に塗り替え
作業は既存のビニールクロスの上に漆喰を塗りこんでいきます。
この時は下塗りの作業です。
既存のお部屋を漆喰に塗り替える場合の方法としては二つあり、
 ➀住宅展示場でのように既存壁紙に漆喰を直に仕上げる方法
 ②壁紙を剥がしてから漆喰を塗る方法
になるかと。

➀は手間もかからず費用も安いのがメリット
②は、将来的なことまで健康志向として考える方におススメでしょうか。

最近はDIYでの塗り壁も人気すだとか。
但し、塗り替えの場合、既存の色等が仕上げ表面に浮いて出てくることがあるので、
その点を心に留めて計画してみてください^^

今回、当社のインテリアコーディネーターさんたちからの要望で、住宅展示場と事務所など数カ所の壁を漆喰に色を入れて仕上げる予定です。何色使うのか、教えてもらいましたけど憶えておりません(笑

色を入れるのも、絵の具やペンキのように簡単ではありません。
自然の鉱石から取り出した成分なので、色それぞれに同じように均一な色に仕上がるわけではないようですので、これもスタッフらのプチ検証ということで、実際の仕上がりを楽しみにしているところです^^

昨晩から今朝にかけての雪、昨日の帰り、先ずは会社を出てびっくりでした。

い、いつの間に・・;

岩手の積雪
車の雪を払い下ろし、車を暖気すること10分。

この頃はもう降り止んだかなって、思ってたんだけどこれまた甘かった。
朝になったらさらに積もってましたもんね^^;

今朝は6時から自宅の雪かきに2時間。
それから会社の雪かきを朝と昼の2回、一日だけで計3回も。

岩手の住宅展示場の積雪
結果、どんだけ降ったんだべ。

 写真のくらいかな。

私的には今朝の雪かきで小さな嬉しい事一つ。

雪かきって、自宅の敷地内は当たり前なことだけど、
家の前の道路分の雪かきをどこまでやれば・・・
お隣との関係でいいのかなって、雪かきの際いつも悩んでしまいます。

いつもご近所の中では作業開始時間が早めなので、
この悩みって子どもの頃から変わってないかもしれません(笑

お隣との境界きっちりだと、それもどうかと思うし、手前で残すのはもっとひどい。
越境し過ぎてもそれはやり過ぎでお節介ぽいし・・・
そこでお隣の分まで・・・ 越境30㎝くらいがほど良い加減ではないかと。
と思うのは私の主観ですけど^^;

それが今朝は雪が多かったせいでのかまかしてるうちに、お隣さんが雪かき開始。
そしたらお隣さんが我が方に越境すること50㎝ほどのところまでせっせと雪かきしてくれたんです。

すみません、ありがとうございますぅ。

なんかね、それだけのことなんだけど、嬉しくなってしまうものですね。

雪かきも、こころ一つの置き所なのかもしれません^^

そういえば、話は変わりますが、
雪が降るって、家づくりを計画している方にとって幸運なことなんです。

土地を探している方なら、ぜひ道路状況を確認しておくのには持って来いです。
希望エリアの除雪はどうか、圧雪具合や雪や氷結の溶け具合など、
通勤通学路のチェックは重要ですので。

それから、家づくりになら、
屋根の素材、勾配やデザイン形状によって、雪の落ち具合いやつららはどうか、
どのくらいの広さの敷地なら雪を盛り上げても支障がなさそうかなど、
お出かけの際にでも周囲を見渡すだけで、たくさんの発見ができるはずですよ。

良い事や気付き、新たな発見が一つでもあれば、筋肉痛も心地いいものになるかもしれません(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です