窓トリムとかテラス窓とか、新たな窓デザインへの妄想

今日は、先日の探し物ついでに見つけた、
もしかしたらうちでも可能性はあるのでは?と感じたヒントを一つ?紹介しますね。
私にとってはヒントであっても、これから家を建て方のヒントになるかはわかりませんが。

本当のところ、探し物というのは窓トリム。
外観スタイルに合わせた窓トリムを探していて、目に入ったのが次の画像です。


奥の白く縁どられた窓トリムが最初目に入ったのは当然なのですが、画像をPC画面いっぱいに開いて眺めていると、ふと右側の建物に目線が流れ・・・

 あれ、この窓にあるのも窓トリムっぽくないか?

そんなことで画像を拡大してみると・・・ やはりトリムになっていました。
もっとよく見ると、外壁面と外壁面から窓サッシ方向奥へ折り返した面(見込み面)との角がL字に段差が!?

これは最初から敢えて意匠的に狙ったものか、はたまた窓の交換時とか塗り重ねなどの改装時とかにこのように納めたほうが映えがよいとの判断になったのかはわからないけれど、何かの機会に使えるかもしれないアイデアとしてとっておこうかと。

ちなみに、奥の白い窓トリムは拡大してよく見ると、塗り壁とかで仕上げるトリムではないような・・?角に斜めの線が見えてるのでケーシングのような部材を取り付けた上にペイント仕上げしているようです。

そして、またまたこの写真で私の目を引いたのが、窓。
本来の目的から大きく脱線してしまいます(笑


魅かれたのはヨーロッパでも当社でも人気の窓色RAL7016ぽいからかもしれませんけどね。
でもそれは置いといて、

まず、気になったポイント一つ目は、

 □テラス窓の下1/4ほどがガラスではなくパネルが収まっている点。

最近感じていたことで、

テラス窓って、ガラスは足元まであるものだという既成概念があり、
足元までガラスにはしたくないならテラス窓を止め、壁にして窓下枠を低めにした高窓にするか、そんな二択しか思い描けないでいましたからね。

もし、こういう下部がパネル様でできたテラス窓ができたら・・・
テラス窓にもう一択が増えることになるし、また違ったデザインとしても活かせるのでは?

とまあ、とは言うものの、こういう形ができればってことで、今はあくまでタラればの話です^^

でもまあ、できないこともないかもかな^^
使ったことはないけど、候補になる部材は二つあったような、、

そして、気になったポイント二つ目。

 □テラス窓とテラス窓を繋ぐジョイントとなる柱部分も窓と同色で仕上がっている点。

もし、これを可能にするとしたら・・・

と思い出したのが2年前に試したアイデア。


写真では一体の窓に見えますが、実際は1階と2階の窓は別になっていて、

 1階から2階までの通し窓に見えるようにできないべか?・・・

ってスタッフに投げかけると、いろいろ試した結果、写真のようにきれいに仕上げてくれたのがこの通し窓のデザインです。

もし、このアイデアを活かせるとしたら・・・と考え、
イメージしやすいように、この窓写真を横にしてみると・・・


テラス窓でなくとも、

 こういう高窓のデザインもなかなか良いんでないの♪

と、思ってしまいました^^

なかなか、行けるとおもいませんか?

もし、窓の中間にこのように横ラインの框を入れるとしたら・・・
作る上での障害と窓としてのリスクは?何が考えられるんだべか。。
とかね、考え始めたらどこまでも妄想は尽きないものです。

だけどたまには実現することもないと、、

 あんたの妄想だけじゃ、誰も喜んでくれないんだからね!!

てな、厳しい天の声が飛んで来そうです。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です