サッシの断熱性能Uwより窓の据付け断熱性能Uwinstalledが重要

ゆらゆらと揺れるままに身を任せ室内を漂っていると、

いつもとまったく変哲のない視界の中に、吸い込まれるようにストンと落ちてしまった。。。

そんな感じで、骨折&打撲・・なんてことに。

海外出張でもないのに、10日以上もここをサボってしまいました。。
この出来事は僕の人生の中に配された目には見えないヒートブリッジみたいなものかもしれまん。
何となく一週間ほど前には、気を付けなきゃって予兆は感じてたんですけどね、
感じるだけじゃダメで、回避するためには何かが足りなかったんでしょうね、、

でもまあ、多少不便はあるけど動けますから。
こんなもんで済んでラッキーだったと思います^^

さて、私のどうでもいいアクシデントの話は置いといて、住宅の中にあるヒートブリッジな話をぺっこ。

昨年末から窓のψinstall値の目安だけでも掴めたら・・・
と、夕方セットし翌朝データ回収とへこへこデータストックしてきたものの中で、いくらかマシかも?てなものを拾い上げ数値化してみました。

数値はあくまで目安、もしくは傾向として見て貰えると助かります。
思い付きでの範疇なので^^;

高断熱サッシの取付方法①

測定範囲 psi値相当 0.20 W/mK
  窓周囲M  
標準窓サイズ 1690 1370 6.12 m
 窓面積     2.32  
         
上記窓線熱損失   1.20  
熱貫流率/㎡     0.52  
         
サッシUw値 0.8 Uwinstalled 1.32 w/㎡K
  0.9   1.42 w/㎡K

高断熱サッシの取付方法②

測定範囲 psi値相当   0.10 W/mK
  窓周囲M  
標準窓サイズ 1690 1370 6.12 m
 窓面積     2.32  
         
上記窓線熱損失     0.59  
熱貫流率/㎡     0.26  
         
サッシUw値(w/㎡k) 0.8 Uwinstalled 1.06 w/㎡K
  0.9   1.16 w/㎡K

こんなお遊びレベルでも、サッシっていかに取付性能が重要かはわかってきます。
そしてサッシの断熱性能が高くなればなるほど、その影響割合も大きくなります。

こうなると、トリプルガラスの高断熱サッシレベルで、
U値が1.0だとか、0.8だとか、なおさらサッシの断熱性能が0.02高いだと低いとかって、
まったく意味がなくなってしまうし、バカバカしいというか虚しささえ感じます。

ドイツのある基準では、サッシUw値に+0.05w/㎡K以下にとあるわけで、
0.26w/㎡kレベルではとてもとても足元にも及ばない感ありますね、、

これらデータはまだ中間レベルなので、近いうちに改良済みタイプを検証するのと、現在実験棟で進めている新スペックも検証した上で、岩手の住宅の窓性能をどこまで向上させることができるか・・・

ケガしない程度に頑張ってみたいと思います(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です