ランスカ

今日は久慈~二戸。
移動時、ふと熱を効率よく伝えるための閃きが降りてきた。

 アメリカで見たあれを利用すれば、施工も柔軟だべ。

我ながらナイスアイデア!
と思ったが、第三者の視点から考えてみると・・・と考えなおしてみたら、
何がおもしろいの?って程度でしか映りそうにもない。。
どうしても技術的な範疇でしかない。

聞いて楽しいとか、それはおもしろそうとか、
そういうところに結び付かない。

昨日の話じゃないけれど、
省CO2に対する提案を認めていただいたのは有難いことで
恐縮してしまうのだけど、これはスタート地点でしかないのかもと思う。
というのも、省CO2とかエコを一般の人にまで・・・
となると、技術的な話ではどうも受け入れにくいのではないか。

例えば、健康のためにジョギング。
それだけだと、苦痛や忍耐が先に浮かぶ。
今日の〇シェリじゃないけれど、
「おしゃれジョガー」みたいだと楽しさに変えられる。

エコも肩肘張らず便利でおしゃれに。
住宅の省エネもそれがこれからのテーマ。
とは言ってもやはり男の視点ではムリ。
ここはココログたちに頼るしかないのだけど、
技術の延長線上には、ランスカ的住宅発想も必要ではないかと。。

岩手の注文住宅なら。

2 件のコメント

  • ランスカってなんすか?
    等と冗談を言ってる場合じゃないですね。
    お久しぶりです。
    親方‥‥
    忙しいって言うか、やる事がいっぱいあるって幸せですね。いや‥今の仕事‥の事なんですけど‥

  • 野望→家!さん、ランスカって私も「そうなんだあ…」って、覚えたてで使ってみました(笑)
    ハイ、やることやりたいこといっぱいあるって幸せです^^
    でも私の場合、自分の体といつも相談しながらですけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です