岩手の住宅に、フォールディングドアがあったら・・・

岩手の住宅に、フォールディングドアがあったらさあ・・・

毎日がアウトドア気分になれるよなあ。


今朝の芝刈り後、クールダウンのため芝生にあるベンチに腰掛け、
朝の心地いい空気の中でスタッフが作ってくれたコーヒーを飲みながら、

 こうして、わざわざ外に陣取らなくても、

 住宅にフォールディングドアがあれば、

 ちょっと、フォールディングドアを開けるだけでいいんだもんなあ。

 今朝のくらいの気温なら、平日の朝食時に窓を開けるだけで特別な時間だもの。

 明日は自宅のデッキでも、コーヒータイムしてみるか。

庭でコーヒータイムもいい、デッキでもいい、
外の空気に包まれながらのプチコーヒータイムが好きなんだよねえ。
そんな小さな贅沢な時間を暮らしのなかに散りばめられるのがフォールディングドアの良いところではないかと^^


ドイツサッシのトリプルガラス仕様の高断熱なフォールディングドアなら、

朝、外が小寒ければ屋内の土間で、日向ぼっこしながらのコーヒータイム。

ドア部分を開け、体をかるく乗り出し外気温を肌感覚でチェック、こりゃいいかもと思えたら、おもいっきりフォールディングドアをフルオープンにすればいいだけ。
そこからデッキに移動してもいいし、フォールディングを開け屋外側にそのまま居てもどっちの場所でも感じる空気は変わらない。


外界と一体に繋がるこの感覚は、何とも贅沢な空間だ。 

その贅沢も、何かお金をかけたり準備や移動に時間をかけたりする必要もない。

ただ、窓に手を添えてすうっと開けるだけ。

なんか、あまりにも簡単すぎるこの贅沢に、申し訳く感じてしまう人もいるかもしれない。

このフォールディングドアは、
今週末岩手県紫波町で開催の完成住宅見学会でも見ることができる。

ダイニングテーブル脇にフォールディングドアがあったとしたら・・・


カーテンを開け外に視界を向けて、

 おっ、今朝はいい感じじゃない?

 今日は外気分で朝ごはんにしよっか。

そんな会話から、窓をサクッと開けてみると・・・


日常だけど、いつもとは違う格別な朝ごはんタイムに。

こうなると、子どもたちは、

 ごはん、おかわり!

旺盛なおかわり連鎖が起こる。

 これじゃあ、ご、ごはんが足りない・・

と焦りだすママ・・

なんてシーンを勝手に想像してしまうのだけど、これって外好きな私だけの感覚なのかもしれません(笑

この時期だからこそわかる

岩手の住宅のためのフォールディングドアの魅力、

今週末の完成住宅見学会でぜひ確認してみてください。

フルオープンの心地良さを体験するなら、早めの時間がおススメ。
一応、10時オープンですが、私のように朝の心地よさを感じてみたい方がいらっしゃるれば、朝でもいいですよ。

もし、そんな嬉しくなるような方なら、

 「朝7時から見学したいんですけど」

とスタッフに申し添えてくれたら大丈夫ですから。
もしかしたら、私が応対させて頂くことになるかもしれませんが(笑

◆フォールディングドアに関する過去記事◆
フォールディングドアとの出会いから
フォールディングドアのある家の景色
フォールディングドアのある平屋の家
ステイホームを楽しむフォールディングドアのある家
フォールディングドアの一枚はドレーキップ窓になっている。
ドレーキップ窓の換気力

フォールディングドアの網戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です