北欧の住宅展示場11の➀

今日は特にネタもないので(笑
久しぶりに北欧フィンランドの住宅展示場を紹介しようかと^^

北欧の住宅11 (1)

北欧の住宅11 (1)

まずは入り口付近から見てみると、
テラスをこういう風に仕上げるか・・て感じで見てしまいました。

この仕上げの雰囲気は個人的には好きなんですけどね、
岩手よりぺっこ冷えるヘルシンキですから、
岩手人的には凍み上がりは大丈夫?と思って見てしまいます。

凍み上がり対策に断熱材が入っていたりするかもしれません。

そして、サッシカラーは北欧に限らずヨーロッパの住宅で人気のRAL7016かと。
当社の輸入サッシでも人気は高い色ですね^^

北欧の住宅11 (2)

北欧の住宅11 (2)

展示してあった高断熱用のセラミックブロック、これが住宅の構造を支えていて、
ハニカム状の細かさが高い断熱レベルを表しています。
外壁が湿式仕上げのようですから、木造でなくて正解かもしれません。

北欧の住宅11 (3)

北欧の住宅11 (3)

室内に入って一番最初に目に入ったもの。
壁際を見ると金物で受けていたので、

もしや、芯材は私が試してみたあの発泡スチロールかも?

でも、もしそうならこういうこともできるのだとイメージが広がりましたね。

北欧の住宅11 (4)

北欧の住宅11 (4)

1階のこの部屋はゲストルームか書斎かと。

北欧の住宅11 (5)

北欧の住宅11 (5)

1階トイレの化粧カウンター。
無機的な濃いグレーの壁に、有機な白地の木製カウンターと棚の組み合わせがいい感じ。

北欧の住宅11 (6)

北欧の住宅11 (6)

この写真は、
私たちの場合、2階バルコニーの出入りを、防水のためそのまま窓下を上げていますが、
室内側スペースに問題がないなら、室内側手前にステップをつくるのもありだべ、
と思ったので参考のため撮ったもの。

北欧の住宅11(7)

北欧の住宅11(7)

2階主寝室。

北欧の住宅11(8)

北欧の住宅11(8)

バスコニーに出られるように、テラスドアになっています。

最初の外部から見た写真の窓の奥行と室内側からの奥行を足し、
そこに窓の厚みをプラスすると・・・てことで、
壁の厚みも想像してしまいました。

北欧の住宅11(9)

北欧の住宅11(9)

ウォーターフロントなリビングスペース。
ウィンターガーデンバルコニー越しにこの眺望ですよ。

もしリビングが一階だとしたら、この眺望はありませんよね^^

北欧の住宅11(10)

北欧の住宅11(10)

ソファ越しに見えるのがキッチンスペースで、右奥がダイニングスペースになっています。

今日はここまでにしておきますね、

次回、ウィンターガーデンバルコニーや、屋内からの眺望をたっぷりと紹介しますので^^;

北欧の住宅展示場1の①   北欧の住宅展示場1の②

北欧の住宅展示場2の①   北欧の住宅展示場2の②

北欧の住宅展示場3の①   北欧の住宅展示場3の②

北欧の住宅展示場4の①   北欧の住宅展示場4の②

北欧の住宅展示場5の①   北欧の住宅展示場5の②

北欧の住宅展示場6の➀   北欧の住宅展示場6の②

北欧の住宅展示場7の➀   北欧の住宅展示場7の②
北欧の住宅展示場7の③

北欧の住宅展示場8の➀   北欧の住宅展示場8の②
北欧の住宅展示場8の③

北欧の住宅展示場9の①   北欧の住宅展示場9の②

北欧の住宅展示場10

そして、岩手の住宅展示場なら・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です