CATEGORY 親方の元記

森と家と落葉と。

森と家 (2)

私の人生で若かった時分までなら、文化の進んだ街と遅れた田舎しかないイメージしかなかったような気がする。 そんな人間が初めての海外、初めてのアメリカで知ったのは、