イギリスも岩手も、住宅は現場でつくられる

現場に隠れているイギリス住宅の秘密を知りたくて、
工事現場に案内してもらった。

イギリス住宅の現場1
現場は集合住宅の工事現場。
各棟、各工程の流れ事状況が見てとれる。

イギリス住宅の現場2
石積み外壁の各部の納めをチェック。
なるほど~と発見もあるが、
石積みの外壁に時々通っていた縦目地には欲求不満も残る。

イギリス住宅の現場3
屋根は急こう配用トラス組み。
伝統的なスタイルを残しつつ、それなりに合理的な構法が用いられているものだと納得。

今回の出張では、現場でいくつもの発見をした。
現場はやはりノウハウの宝庫です。

さて今日は、当社の現場ではフレーミングが行われました。

岩手の住宅現場1

岩手の住宅現場2
岩手の住宅現場3
広い!

とても広すぎて一日フレーミングとはいきません。
二日がかりのフレーミング予定です^^;

この現場にも、彼らが積み重ねてきたもの、
社内スタッフたちで凌ぎ削ってきたノウハウが息づいている。
観る人が見ればわかる領域かもしれませんが、、(笑

岩手の住宅現場4
新体操の決めポーズにも見える玉掛け中のマサちゃんにも、
工夫と経験に培われたノウハウがある。
鍛え上げられてゆくと、
動作の一つひとつが美しさを増していくもののように感じます。

岩手の住宅現場5
緊張した合間にも時折見せるマサちゃんスマイル。

これまた現場に隠された当社の宝。

時を経て厚みを増す経験や技術、そして汗する彼らの笑顔が、
いつもたくさん詰まった家づくりの現場でありたいですね。

岩手のハウスメーカーなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です