キッチンと大きな連窓デザインの関係

22~23日は若手スタッフ3名と新たな刺激を求め三重県に。

発見に次ぐ発見、スタッフらは水を得た魚のように、

自分の気付けない工夫や配慮がもっと隠れているのではないかと、
細部をスキャンするように見学するその姿に少し頼もしさを感じましたね。

窓デザインの画像
欧米でよく見かけ気になっていたキッチンカウンター高さでの連窓配置。キッチンスペースに吹き込まれるこの明るさと視界。
・・・・ 見事です。

奥行の狭くなるレンジ部、幅広になる窓部にキッチンカウンター1枚を合わせるなんて・・そう簡単にはできない。オーダーメイドキッチンだから成せることかもしれませんね。

窓デザイン2の画像
こちらのL型キッチンのコーナーシンク。バックガード部をタイル仕上げで立ち上げてもこれだけ大きな窓を配置してるって・・憧れですよ。

窓フェチの私としてはどうしても窓に目が行ってしまうわけです。
この2つのキッチンと窓の関係なら、一枚目写真のキッチンの窓のほうが個人的には好きかな。
実用的には2枚目という視点もあるだろうけど、モチベーション的には1枚目だと思うんだよね。

こんな感じでキッチンだけで30分は遊べたかと(笑

初日夕に、せっかくの機会だからと思い、仕事だけってのも何だから、

 伊勢神宮て知ってるよね。
 知ってはいるけど行ったことはないでしょ。

と訊くと、3人とも、YES!

早起きするなら参拝する隙間時間は作れそう、ということで行きましたよ。

お伊勢参りの画像
前日に教えて貰っていた穴場な駐車場にもすんなり。

さて、ここからが皆悩んだところかと。

というのも、前夜の懇親会で聴いていた年に数回はお伊勢参りするというある社長さんの参拝のアドバイスがあったから。

その社長さんは既に前日早朝にお参りを済ませてきたと言う。
そこでの話で、
社長さんの前の人がいて、

お賽銭を賽銭箱にチャリーンと投げ込んで、
手を合わせあれもこれもとずっとお願いごとしてるわけよ。
そんなもん、賽銭から間違ってるわけ。
5円か10円玉を放って投げ込まれて気分いい神様っているわけないじゃない。
尚更お願いごとする相手に対して失礼じゃろ。

そういう失礼な人に限っていっぱいのお願いごとしてそれで拝む時間も長いわけよ。

先ずお賽銭はチャリンチャリンかスルーかなの。
財布に余ってる小銭をチャリンよりかさ、帰りに必要なお金を財布に残しあとはお札をスルーっと滑らすように賽銭箱に入れるの。できればのし袋に入れてね。これが今あることへの感謝なの。

お願いごとはしないのよ。お参りは感謝と誓いを立てる場所なの。
誓いが叶ったらお礼参りをする。

なのだそうで、そんな説得力ある話を聴かせてもらってたわけで・・

チャリンするわけにはいきません。

それぞれが財布の中身とにらめっこ・・

無事参拝を終えたのでした(笑

2 件のコメント

  • 私もどなたからそのお話を聞きいまではお札にしております!
    どう考えても10円5円で家内安全 商売繫盛 無病息災 ついでに宝くじ当たりますように!きついです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です