折り畳み式でつくるフルオープンなコーナー窓

私たちが提案できそうな、何か新たなアイデアはないべかあ・・・

とヒントを求めてアメリカ住宅視察のフォルダにあさっていたら、これはもしかしたら!?
と思えるものを見つけたので紹介。


写真はアメリカの住宅展示場の一つで、ここは屋根のかかったテラススペース。

今日見てほしいのは写真奥に見える黒っぽい窓なんだけど、この写真でわかる?かなあ。

室内側から見るとわかりやすい。


折り畳み式の木製サッシでつくられたコーナー窓、それも2面がフルオープン!

こんなこと、よく考えつくもんだよなあ、、

と感心するのもだけど、それを作れてしまうノウハウがアメリカにはあるってのがすごい。

テラス方向の1面だけのオープンではなく、コーナー2面をフルオープンにした理由は、きっと、


右方向に広がる眺望のためではないかと。

室内側のキッチンスペースとつながるアウトリビング。
キッチンから開放された眺望を大切にするのはアメリカならではかと。
そしてカウンター上にコーナー窓を誂えてるのもいい。
きっと、夜ならグラスを並べたバーカウンターになっているでだろうから。

なんかね、ここに流れる時間が想像できてしまう。

へい、お待ちー!

なんて、缶ビールとかカップラーメンがカウンターに置かれるシーンは浮かばない。

そんな寂しくなるような妄想はいいとして、

折り畳みで、フルオープンできるコーナー窓ってできないものだろうか・・・

と見入ってしまった。

もしできなかったとしても、現在一面だけなら折り畳み窓にできるわけだから、
屋根付きテラスやデッキと繋がるカウンターにフルオープンの折り畳み窓を誂えただけでも、家族や友人知人と結構楽しめそうだべ。

折り畳み窓で繋がるホームバーカウンターのある家

なんてコンセプトもいいかもしれないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です